宝石印鑑の裏話

ここではあまり表に出てこない、宝石印鑑の裏話をしたいと思います。
「宝石印鑑」がなんであるかわからない方は、先に宝石印鑑のページをご覧下さい。
また、ここで書かれていることはあくまで「噂」であり、管理人の実体験というわけではありません。

嘘か真か

宝石印鑑はその高級さから、お金儲けの道具に使われてしまうことも多いようです。
(そもそも「パワーストーン」という名前自体が、商売人の「販売促進」的な知恵から来ているのですが・・・)

そのため、特に無色透明が一番高級とされる水晶のパワーストーン開運ストラップなどは、ガラス素材の模造品を「本物の水晶だ」と偽って売りつけて儲けていると聞いたことがあります。 もちろんこれは詐欺であり、犯罪行為ですが、水晶がニセモノだと分かった頃には既に業者がいないというのがお約束となっています。

特にブームが起こっていた頃はそんな事件も多かったためか、 ほとんどの開運できる宝石印鑑やパワーストーングッズを販売しているホームページでは、「わが社は、全て本物を使っています」とか「模造品や人造品は使用しません」などの注意書きが赤色で大きく表示されています。

でも、よくよく考えてみれば、「わが社は偽者を使っています」なんて書く詐欺師はいませんし、 何より、素人には見分けがつかないので、どうやって判断させるのでしょうか?

たとえ鑑定書があったとしても、その会社のものでしょうから、到底信用できませんよね。

もちろんすべての業者が詐欺を行っていることはないでしょうが、気をつけることに越したことはありません。

  • 本当に信頼できるショップを探す(ネットショップなら特定商取引法などを確認する)
  • 出来る限り実物を見てから購入する(通販なら、クーリングオフ制度を導入しているか確認)

取り扱いについて

印鑑・印材の特徴を理解してから購入することも大切です。
宝石印鑑・パワーストーン印鑑には落としたら欠けやすいものも少なくなく、
取り扱いには充分に気をつけなければなりません。

基本的に印鑑は欠けたら終わりと言われます。
それを使うことはもちろん、持ち続けることも印相上良くないらしく、また、少しでも欠けた物は実印として認められなくなります。 ですから、取り扱いには細心の注意を払ってください。
常にケースなどに入れて持ち歩きましょう。

また、もったいないからといって彫り直すのも、印相上オススメできません。

パワーストーンの寿命というものがあるのはご存知ですか?
パワーストーンが欠ける、傷つくなど破損した場合は「持ち主の身代わりになってくれた」と考えるのが一般的です。

つまり、少しでも欠けたら終わりが一般的なので、あきらめて次の石を買うのが理想的です。
使い終わった石は捨てるのではなく、浄化してからいままでのことを感謝して、土へ返してあげましょう。

それが実印だった場合は、印鑑証明書を持って市役所に行き、登録削除して新しく登録しなおしましょう。

開運効果・・・?

実は、印相学上で水晶などの鉱物は印材としては潤いに欠けるので、「悪い運を招く」とされて、古来より倦厭されていた印材なのです。 特にその中でも水晶は硬度が高く、細工が困難だったため「印鑑として使う」発想はなかったそうです。
また、開運効果の一つに常に身につけて置く事も有るそうです。私はパワーストーンを数珠のブレスレットにして肌身離さず身につけています。偶に月の光に当ててあげると更に効果UPです。

昔と比べて技術が進歩している今でも、他の素材よりも欠けやすく、彫るのに困難だというのは変わってないそうです。

日本人の多くは、水晶は高級 = 高級だから良材、つまり、水晶は印鑑にとって良材という思い込みがあるそうですが、
悲しいことに高級と良材は「=(イコール)」では結ばれないのです。

また、宝石類でできている印鑑は、
使えば使うほど運が悪くなっていき、自分だけではなく家族にまで悲運が付きまとうという説も。
実際、印相学上悪いということで、昔は印材として認められていなかったそうです。

しかし現代では、その見目麗しさ、カラフルな見た目と繊細な模様が女性を中心に人気が高く、 こういった宝石印鑑の購入者は徐々に増えているそうです。販売する側も「開運」「幸運」「パワー」を謳っていますね。
私から皆さんへの注意は以下の通りです。

  • 高級なものだからといって「開運」できるわけではないということ。
  • 昔は宝石印鑑は縁起が悪いものと考えられた。現在は女性を中心に人気で開運効果も宣伝されている。
  • 値段の高いものは「ニセモノ」が出回りやすい。出来る限りの注意はするべき。

もともとが俗説、といいますか科学的根拠がある情報じゃないので、どちらを信じるのかはあなた次第です。
「パワーストーンが幸運を呼ぶ」、と「宝石印鑑は印相学的にはNG」の両方を知った上で、あなたの判断をしてください。

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

Copyright (C) 2008-2011 POWERSTONE(パワーストーン) All rights reserved.